googlegroupsでの面白い現象

googlegroupsでのメーリングリスト運用に、かなり手こずっています。悪戦苦闘しているうちに、ノウハウがたまってきました。それとは別に、面白い現象を発見したので、記事にしておきます。

携帯電話の迷惑メールフィルターに引っかかる送信者とそうでない送信者が居る

タイトルの現象が実際に起こりました。その理由について突然ひらめいて、あまりに納得したので、周りの人に興奮気味で話してしまいました。

Androidスマートフォンの台頭

最近、Androidスマートフォンが台頭してきましたね。めざましい快進撃で、何年後、もしかしたら何ヶ月後かには、iOSを色々な面で抜くのではないかとワクワクしています。

それとこれとは何の関係があるんだ、という話になると思います。

実は大有りでして。どうやら、普通の携帯メールからメーリングリストに投げたメールは配信されず、gmailからメーリングリストに投げたメールは配信される、ということがあるようです。

京都の某ピザ食べ放題店で、客が多すぎるため待っているときに突然思いつきました。未だにあの瞬間は忘れません。とても快感でした……。友人たちに、興奮気味でまくし立てました。

メールサーバとgooglegroupsサーバが違うと「なりすましメール」に分類される

あくまで、これは私の予測です。「なりすましメール」に分類するアルゴリズムも知りませんし、メールヘッダもまともに読めませんので。

なりすましメールとは、本来は、送信者が別のある送信者を騙って送られてきたメールを識別し、迷惑メールとしてフィルタリングする機能です。後で調べてみると、どうやらこれに、メーリングリストが引っかかるため、携帯電話にメーリングリストのメールがとどかないことが多いようです。

メーリングリストとは、送信者からのメールを受け取り、そのメールをグループの各メンバに、メーリングリストのサーバ自身が、再配信するものだと認識しています。このとき、各メンバに配信されるメールの送信者は、メーリングリストに投稿した人であるべきですので、googlegroupsは送信者を本来の送信者にしたままメールを再送信しています。ここで、本来の送信者(メーリングリストのサーバ)と、表示される送信者(例えばau携帯電話ならezwebのメールサーバ)に相違があるため、なりすましメール、つまり迷惑メールとしてフィルタリングされるようなのです。

逆に、gmailからメーリングリストに投げた場合、メーリングリストのメールサーバと、gmailのメールサーバが同じためか、正常に各メンバに対し配信されてしまうということのようです。

面白いですね。

googlegroupsでの面白い現象」への1件のフィードバック

  1. 無名

    auのなりすまし規制フィルターは、高・低・なしから選べて、低にすると携帯へのなりすましのみ規制されます。gmailからの投稿はPCがPCになりすましていると判断されるので届き、携帯からの投稿はPCが携帯になりすましていると判断されるのでフィルターされてしまうということでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。