馬鹿にしてた方法で作ったら美味すぎた炒飯

卵かけごはん状態にしてからフライパンで炒めるとパラパラになるとかいう方法を馬鹿にしていたのですが、実際にやってみたら完成度が半端じゃなかったです。

作り方

  1. 茶碗1杯に卵1個くらいの割合で、卵かけごはんを作ります。餅にならない程度に混ぜてください。水を少なめにご飯を炊くと、上手くいきやすいらしいです。
  2. 具を炒めてください。私は、ウインナーとミックスベジタブルで作りました(写真は、玉ねぎとミックスベジタブルで作ったものです)。
  3. 火が通ったら、皿に避難させます。
  4. 卵かけごはんをフライパンに入れるんですが、その前に普段より少しだけ多めの油を引いておいてください。
  5. べちゃべちゃでパラパラになる気配がない卵かけごはんを、木べらで切るように混ぜます。
  6. ダマになっているところを木べらで叩き潰す、という表現が正しいかもしれません。
  7. フライパンを持ち上げて、中華料理人よろしく中身を一回転させます。この時、下手にフライパンを上に持ち上げて、中身を一回転させようとしないことです。フライパンを前に突き出すようにすると、フライパンの縁の丸みに従って、自然に一回転しますので、フライパンを手前に引いて受け取るだけです。上下運動よりも、手前と奥の運動を意識すれば楽ですね。
  8. 木べらでたたきつぶしながら、フライパンで一回転させる、を繰り返していると、何故かパラパラになってきます。ビビりました。
  9. 具を入れて、塩コショウ、または味の素。最後に醤油でも入れれば、美味しいわけです。

料理の過程での見た目がひどすぎて、信じられなかったです。あれでパラパラになるとは……。

http://palsweb.s41.xrea.com/mt/archives/text/matome.html#18

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。