Ultimate Google Analyticsの紹介

Ultimate Google Analyticsは、Google Analyticsというアクセス解析サービスをWordPressで簡単に利用できるようにしたプラグインのことだ。この度、こいつを導入してみたら、解析結果が相当多岐に渡っていて非常に面白かったので、紹介も兼ねてメモ。

Google Analyticsとは

略記するとGAらしいので、ここでもその表記を用いる。

名前の通りアクセス解析をするサービスだが、アクセス解析するサービスをGoogleが提供しているといった感じで、解析したいウェブページのhtmlに、JavaScriptを埋め込む手法がとられている。サーバに設置すると、解析できるという形式じゃないことに注意をしたい。

解析結果は、GAページにログインすることで閲覧することができる。このサービスを利用するには、Googleアカウントが必要になる。Googleアカウントは、Gmailサービスに申し込むことで取得できるため、まずは、Gmailアドレスを取得することから始まる。

注意事項

リアルタイムに解析はされないので、今自分のサイトのアクセスがどうなってるかを、ニヤニヤしながら眺めたい人には向かない。JavaScriptを設置して、約24時間後にアクセス状況が解析される。「設置しても一向にアクセス結果が表示されない」という風に、最初、私も思った。

ステータスを確認して不明なトラッキング以外なら、正常に設置されていると言える。後は、時間が解決してくれるはずだ。

Ultimate GAとは

前記したとおり、解析するページ全てにJavaScriptを埋め込む必要があるが、この作業を自動的に行ってくれるのが、Ultimate GAだ。通常、解析したいページには以下のJavaScriptを埋め込む必要がある(見やすいようにインデントなどを、多少整形した)

<script type="text/javascript">
	var gaJsHost = (("https:" == document.location.protocol)
		? "https://ssl."
		: "http://www."
	);
	document.write(unescape("%3Cscript src='" + gaJsHost + "google-analytics.com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E"));
</script>
<script type="text/javascript">
	try {
		var pageTracker = _gat._getTracker("UA-XXXXXXXX-X");
		pageTracker._trackPageview();
	} catch(err) {}
</script>

10行目のUA-XXXXXXXX-X部分は、Ultimate GAに登録すると取得できる、解析のためのIDのようなものだ。ユニーク部分はここのみなので、Ultimate GAでは、この部分を設定するだけで使用できるようになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。