桁数の多い数値を表現する際のカンマ

ネトゲとかの通貨は、大抵インフレ起こしてたりします。最悪、デノミが行われたゲームもあると聞きます。そういう場合には、3桁ごとでカンマが打ってありますから、KMGを用いたほうが直感的に理解しやすい場合が多いと思います。

つまり、1k=1000で、1M=1000k、更に1G=1000M=1000000Kというわけですね。

日本の単位との相違

日本ではそもそも、「万」で一区切りな雰囲気があるのに、なぜか1000の場所にカンマが打ってありますね。これは、生産性の面で見ても明らかにおかしいし、意味がないどころか慣れないと逆に誤解を招くと思います。

これにはわけがあります。

理由・原因

日本に簿記が輸入されたときに、英数字の単位表記をそのまま受けついだのがその由来です。 引用

日本では余りにも馴染まない3桁ごとの区切りカンマですが、英語表記ではものすごく自然なわけですね。英語では、以下の単位に注目して、基準としています。それが、実はカンマの場所に対応していることに気付くでしょう。

英語単位 日本単位
Thousand
Million 百万
Billion 十億
Trillion

その時、日本で言う「万」は、Ten Thousandとなり、明らかに桁数上の「端数」みたいな酷い扱いを受けています。 これに関しては、日本側が合わせるべきなんじゃないかと私は思ってます。今更、どうしようもないでしょうが。

まぁ、家を買ったら20G円とか言われても、ピンと来ませんよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。