カテゴリー別アーカイブ: Hardware

Linuxの/proc/cpuinfoからわかる情報メモ

Linuxの/proc/cpuinfoを初めてまともに読もうとしたのでメモを残しておきます。複数コアを搭載したCPUや、HT(ハイパースレッディング)により、論理プロセッサ数と物理CPU数が一致しないことがよくあります。cpuinfoを読み解いていけば、いずれも判別可能となるようです。

シンプルな構造

下記はあるサーバでcpuinfoを覗いた例です。キーワードはgrepにかけている通りです。まずは生で見てみるのも良いでしょう。コロン以降は私が説明を追記したものです。

# cat /proc/cpuinfo | grep -E "physical id|cpu cores|siblings|processor" | sort | uniq

cpu cores       : 4 ←1個の物理CPUに搭載されている"物理"コア数
physical id     : 0 ←物理CPU(1個目)
physical id     : 1 ←物理CPU(2個目)
processor       : 0 ←論理プロセッサ(=合計論理コア数:1個目)
processor       : 1 ←論理プロセッサ(=合計論理コア数:2個目)
processor       : 2 ←論理プロセッサ(=合計論理コア数:3個目)
processor       : 3 ←論理プロセッサ(=合計論理コア数:4個目)
processor       : 4 ←論理プロセッサ(=合計論理コア数:5個目)
processor       : 5 ←論理プロセッサ(=合計論理コア数:6個目)
processor       : 6 ←論理プロセッサ(=合計論理コア数:7個目)
processor       : 7 ←論理プロセッサ(=合計論理コア数:8個目)
siblings        : 4 ←1個の物理CPUに搭載されている"論理"コア数

上記を読み解くと、本サーバは物理CPUを2個搭載しており、CPUには1個あたり4個の物理コア(合計8個)搭載されていることがわかります。1コアを仮想的に2コアに見せるintelのHTが適用されないCPUであるため、物理コア=論理プロセッサとなっており、前述したとおりシンプルな構成となります。

模式図にしてみました。

シンプルなCPU

シンプルなCPU

HTが有効となっている構造

HTの環境を用意できなかったため、下記の実行結果は手で作りました。現状販売されているモデルでは、あり得ないと思います。また、不整合等あったら申し訳ないです。

# cat /proc/cpuinfo | grep -E "physical id|cpu cores|siblings|processor" | sort | uniq

cpu cores       : 1 ←1個の物理CPUに搭載されている"物理"コア数
physical id     : 0 ←物理CPU(1個目)
physical id     : 1 ←物理CPU(2個目)
processor       : 0 ←論理プロセッサ(=合計論理コア数:1個目)
processor       : 1 ←論理プロセッサ(=合計論理コア数:2個目)
processor       : 2 ←論理プロセッサ(=合計論理コア数:3個目)
processor       : 3 ←論理プロセッサ(=合計論理コア数:4個目)
siblings        : 2 ←1個の物理CPUに搭載されている"論理"コア数

物理CPUを2個搭載しており、CPUには1個あたり1個の物理コア(合計2個)が搭載されており、HTにより仮想的に2個の論理コア/プロセッサ(合計4個)となることがわかります。ポイントは、cpu coresとsiblingsの差に着目する点です。この場合、物理コア×2=論理プロセッサとなります。

HT有効モデル

HT有効モデル

スマートフォンのタッチパネルが全く反応しない場合の対処(Android)

落としたり踏んづけたりしてタッチパネルが全くきかず、反応がなくなった場合にどう対処したかメモしておきます。結論は「PC用マウスをスマートフォンに接続して操作する」です。

具体的には、USB変換アダプタを用いてUSB接続のマウスをスマートフォンに直接接続するか、もしくは、Bluetoothでワイヤレス接続するかだと思います。ただし「タップに全く反応しない」前提条件があるので、ペアリングという事前作業が必要な後者の選択肢は自ずと落ちます……。

上記以外にも、PCからリモート接続で操作をする等の選択肢もあるかのように見えますが、大概スマホ側でリモート接続を「承認(タップ)」する必要があるので、やはり落ちます。

そして最後に残るのが、前述した「USB変換アダプタを使ってUSB接続でマウス操作する」です。変換アダプタは500円程で購入できます。代替スマートフォンを買いに行く足でついでに調達してしまいましょう。

また、次の相棒はASUS製の「Zenfone2Laser」にしました。ASUSはZenbookでもお世話になっているので、元々の印象から良いです。購入後に数時間初期設定で触ってみましたが、初期IME(ATOK?)に癖がある程度で、目につく挙動や作りの悪さは見えてきませんでした。

Zenfone2Laser

Zenfone2Laser

ただし、背面パネルが開けにくすぎです。不要なカード等を隙間にねじ込んでこじ開けるしかありませんでした。加えて、デュアルSIMが可能な設計となっているため、SIM/SIM/MicroSDで差し込む場所に迷います。実際、MicroSDを誤ってSIM側に挿してハマりかけました。マニュアルは事前にキチンと読んだほうが良いですね。(書いてありました……。)

マニュアル

マニュアル

2年間使用したリチウム電池は大して劣化していない(XperiaA(SO-04E))

件名で結論が出ていますが、実際試してみたことと試してみるべきだったことを先人の知恵として書き記しておきます。

約2年半前に購入して以来、docomoからDMMmobile(MVNO)に乗り換えても使い続けていたXperiaA(SO-04E)が、いくらなんでも普段の電池消費が激しすぎる。リチウム電池の劣化だろうと言う仮説の元、とるべき行動について調査と検討をしていました。個人ブログを中心に様々な感想等を拾い集めると「リチウム電池の交換は有効」という結論に至りました。

そこで、まずは電池が本当に劣化しているのか確認しようと思いました。docomoショップに行けば、回線契約が無くとも(docomoで購入した端末であれば)無料で診断できます。(docomoヘルプデスクに問い合わせ確認済み。)ただ、ふらっとdocomoショップに行って用件を言うと「ひとまず1時間待って欲しい」と言われ、確認せずに諦めて帰ってしまいました。

ここがそもそもの間違いです。しっかり確認しておくべきでした。

Amazonで見つけた若干怪しい商品をポチると、20日もかかって遥々中国から国際郵便で届きました。まあ、元々の正規品もmade in chinaなので、あまり気にはしませんでした。

そんなこんなで種々の稼働をかけて手に入れたリチウム電池ですが、入れ替えても改善の実感を得られません。分析まではできていませんが、今更の結果論で言うと、常駐アプリをもう一度見なおすべきだったのかもしれません。2年程度ではリチウム電池は劣化しないという教訓を得られました。高い授業料です。

ちなみにその直後、SO-04Eは画面にヒビを入れてしまい、当たりどころが悪かったのかタッチパネルが死に、結局端末を買い換えるというオチまで付きました……。

VPCZ1で故障したSSDを切り離してRAIDを構成する

VPCZ12AGJ(SONY VAIO typeZ)の故障した4台目のSSDのみ切り離ししてRAIDを構成、リカバリ処理してみましたのでメモを残しておきます。

必要なもの

RAIDを再構成するため内部ストレージのリカバリ領域が消去されてしまいます。そのため、事前にリカバリディスクを作成しておく必要があります。

手順

SSDが故障している場合は、電源投入時に下記のようなエラー画面が表示されます。ここで、4台目(Serial:S0F3NE5Z605713)でエラー発生(Error Occure)していることを確認できます。つまり、4台目を除いてRAID0を再構成します。まずは、「2.Delete RAID Volume」を選択して現在のVolume0を削除します。

SSDエラー表示画面

SSDエラー表示画面

実際に削除を試みた画面を下記に示します。当然、すべてのデータが消去されます。Volume0を削除した後、「1.Create RAID Volume」から障害が発生していたSSD以外の3台で178.9GB(59.6GB*3台)のRAID0を再構成します。

RAID削除画面

RAID削除画面

実際に再構成してみた画面を下記に示します。その後、リカバリディスクをセットしてから「5.Exit」を選択します。再起動しますので、VAIOの起動画面から「F11」を連打することで「Windowsブートマネージャ」を立ち上げます。その後、「VAIO Careレスキュー」からリカバリ画面に進みます。

RAID再構成後の状態

RAID再構成後の状態

実際にリカバリ画面まで進んでみた画像を下記に示します。

リカバリ時の画面

リカバリ時の画面

その後は、通常通りリカバリを進めていくだけです。インテルラピッド・ストレージ・テクノロジー画面を見ると、問題なく3台のSSDでRAIDが構成できていると確認できます。

RAID構成確認

RAID構成確認

VPCZ1のRAID0構成でエラーが発生した時の対処方法

Windowsの起動と同時に立ち上がる「インテル®ラピッド・ストレージ・テクノロジー」を使用すると、解決できる可能性があります。大抵の人はスタートアッププログラムから除去していると思いますので、以下のパスから別途立ち上げる必要があります。

スクリーンショットの通り「ディスクを正常にリセット」を押下することで、一旦は正常に戻ります。

Windowsが立ち上がる前に、物理的なSSD4台のうち1台でエラーが発生していることを確認しました。その際に、ソフトウェア的な観点から解決を試みることができます。ただし、私の場合は、一時的には治ったように見えても一定時間経つと再度エラーが起きてしまっていたことから、ハードウェア的な障害だということが考えられ、早期のハードウェア(SSD)換装が根本対策になると考えています。

C:\Program Files (x86)\Intel\Intel(R) Rapid Storage Technology\IAStorUI.exe

WS000249

WS000250

VAIO-TypeZ(VPCZ1)のFn+F3/F4で音量変更したときのピッを消す

スピーカーに繋いでる時とかでFn+F3/F4のピッがめちゃくちゃ大きくて邪魔だったので消音する方法がないか調べてみると、ありました。pi.wavというファイルが邪魔なピッ音の正体なので、こいつをSONYのシステムフォルダからリネーム(か、削除)してやればOKでした。

C:\Program Files (x86)\Sony\VAIO Event Service\pi.wav

こいつを、

C:\Program Files (x86)\Sony\VAIO Event Service\_pi.wav

のように適当な名前へリネーム。

以下にあるファイル名「pi.wav」をリネームすれば鳴りません。
C:\Program Files\Sony\VAIO Event Service\pi.wav

http://hotstreet.vaio.sony.co.jp/article/article.php?id=50237

パターンカットミスの修復

この前、プリント基板のパターンをカットする必要があったので、カッターナイフで切り取りました。ところが、後々になって、カットするパターンを間違っていることに気づきました。こりゃどうしたものかと頭を抱えているときに、教授がこのやり方を教えてくれました。

やり方、とはスマートに言ったものの、かなりの力技です。

続きを読む