2年間使用したリチウム電池は大して劣化していない(XperiaA(SO-04E))

件名で結論が出ていますが、実際試してみたことと試してみるべきだったことを先人の知恵として書き記しておきます。

約2年半前に購入して以来、docomoからDMMmobile(MVNO)に乗り換えても使い続けていたXperiaA(SO-04E)が、いくらなんでも普段の電池消費が激しすぎる。リチウム電池の劣化だろうと言う仮説の元、とるべき行動について調査と検討をしていました。個人ブログを中心に様々な感想等を拾い集めると「リチウム電池の交換は有効」という結論に至りました。

そこで、まずは電池が本当に劣化しているのか確認しようと思いました。docomoショップに行けば、回線契約が無くとも(docomoで購入した端末であれば)無料で診断できます。(docomoヘルプデスクに問い合わせ確認済み。)ただ、ふらっとdocomoショップに行って用件を言うと「ひとまず1時間待って欲しい」と言われ、確認せずに諦めて帰ってしまいました。

ここがそもそもの間違いです。しっかり確認しておくべきでした。

Amazonで見つけた若干怪しい商品をポチると、20日もかかって遥々中国から国際郵便で届きました。まあ、元々の正規品もmade in chinaなので、あまり気にはしませんでした。

そんなこんなで種々の稼働をかけて手に入れたリチウム電池ですが、入れ替えても改善の実感を得られません。分析まではできていませんが、今更の結果論で言うと、常駐アプリをもう一度見なおすべきだったのかもしれません。2年程度ではリチウム電池は劣化しないという教訓を得られました。高い授業料です。

ちなみにその直後、SO-04Eは画面にヒビを入れてしまい、当たりどころが悪かったのかタッチパネルが死に、結局端末を買い換えるというオチまで付きました……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。