AmazonJSでアフィリエイトを始める

全く興味ありませんでしたが、知識として興味があったので試してみました。色々と大変でした。

AWSアカウントの準備

まずはamazon.comのアカウントを取得します。商品を購入するamazon.co.jpのアカウントではありません。襷に長し感は有りますが、ここで取得するアカウントはAWSのアカウントです。AWSで提供されるサービスが多すぎて意味が分からなくなります。

ルートユーザ(今取得したアカウント)でアフィリエイト用キーを発行しても良いのですが、「ルートユーザから払出した子ユーザから発行したアフィリエイト用キーを使うのが最近の流行りだよ!」とAmazonから勧められるので大人しく従います。サービスメニュー(サービスが山ほどあるので頑張って見つけてください)から「IAM(正式にはアイアムと発音)」を選択します。サイドメニュー(ダッシュボード)より「ユーザ」を選択します。新規ユーザを払出して、アクセスキーとシークレットキーを取得します。シークレットキーは後では2度と確認出来ないのでメモっておきましょう。

次に、払出した子ユーザに対して権限を付与します。ユーザ詳細ページの「アクセス許可」タブから、「ポリシーのアタッチ」をして、「AdministratorAccess」を付与します。(何の権限が最低限必要なのか、最後まで不明でした。色々組み合わせて試したのですが分からず。全権限付与しちゃうと、子ユーザを払出する意味は無いのかも。)権限が足りない場合は、後で実施するAmazonJSの使用中に下記エラーが発生します。後で分かったのですが「Amazon EC2 Container Service」権限さえあれば良いと思います。

Amazon Product Advertising APIのエラー
UnauthorizedOperation
Your AccessKeyId is not authorized to perform this operation. Please check IAM policies for the Access Key.

アソシエイトアカウントの準備

支払先等を設定するためのアカウントも個別に取得する必要があります。淡々とアカウント登録を進め、トラッキングID(日本アカウントの場合は、末尾が「-22」となります)を取得して完了です。ちなみに、銀行振替の設定だと面倒そうで、Amazonギフトとして受け取る設定だとワンクリックで設定完了しました。アカウントが正常に設定できていないと、後で実施するAmazonJSの使用中に下記エラーが発生します。

Amazon Product Advertising APIのエラー
AWS.MissingParameters
リクエストには、必要なパラメータが含まれていません。必要なパラメータには、AssociateTagなどがあります。

AmazonJSの準備

AmazonJSをインストールして設定ページで、アクセスキー、シークレットキー、アソシエイトタグを入力します。

記事の執筆画面のメニューにAmazonマークが現れており、URL入力等で簡単に記事へアフィリエイトリンクを挿入できてしまいます。折角なので、最後に最近読んで面白かった漫画のアフィリエイトを貼っておきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。