プロパティの簡略した書き方

この前、何かのライブラリを見ていたら、私が知らない文法で書かれたプロパティがあった。調べて見よう調べてみようと思いながらもずっと忘れていたが、この度、また他人のソースを見てその書き方を見つけて気になったので、本格的に調べてみた。

C#におけるプロパティの簡略的な表記方法

調べても、あまりヒットしなかった。調べ方が悪いのか、単に普及していないのか。使ってみた感じ、かなり便利だったので、データ保管が主なクラスを設計する機会が多い人は、特に関係ある話題だろうと思う。

使用例

class TestClass
{
    //外部からアクセス、書き換え可能
    public int TestCount { get; set; }
    //外部からアクセス可能、書き換え不可能
    public string TestName { get; private set; }

    public TestClass(string name)
    {
        this.TestCount = 0;
        this.TestName = name;
    }
}

class Program
{
    [System.STAThread]
    static void Main(string[] args)
    {
        TestClass tc = new TestClass("TestName");
        System.Console.WriteLine(tc.TestCount);
        System.Console.WriteLine(tc.TestName);

        tc.TestCount = 5;
        //tc.TestName = "ChangedName"; //エラー

        System.Console.WriteLine(tc.TestCount);
        System.Console.WriteLine(tc.TestName);

        System.Console.ReadLine();
    }
}

地味なようで、なかなかに便利だったりする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。