ですます調か、である調か

ですます調と、である調は、場面によって使い分けなければいけないと思いますが、こういうブログではどっちで書くべきなのか迷っていました。今までは、である調で統一していたのですが、である調だと偉そうに見えるというか、そういうことを考慮して、ですます調に乗り換えることとしました。統一性をもたせるために、過去の記事も、暇を見つけて書き直したいと思います。

今現在の自分から見ると、たとえ数ヶ月前の自分が書いた記事であっても、かなり加筆したくなる内容なことも多いので、自分で自分の記事を校閲する良い機会かなとも思いました。

最近、技術的なことを調べようとすると、大抵個人ブログが引っかかります。googleさんの努力のおかげか、参考になるページが上位に表示されるので、個人ブログだとしてもかなりの割合の解決率をだと思います。そういう場面で、語尾調に気をつけてみてみると、やはりどっちもありますね。全体的な割合では、ですます調の方が少し多いかなと感じます。まぁ、結局メモでしかないなら、そんなこと気にする必要もないかなとも思いますが、こうやって公開状態にしている以上、多少色気づいても良かろうとも思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。