WiMAXルータのポートマッピングを使ってインターネット経由でリモートデスクトップ(RDP)ができたようです

当たり前といえば当たり前の設定をすれば、普通につながりました。備忘録を兼ねてメモをしておきます。

環境

あたり前のことながら、接続先OSのグレードはProfessional以上であることが必要です。

環境 項目 名称
接続先 契約 Yamada Air-Mobile WiMAX
機器 Aterm WM3500R(AT)B
OS Windows7 Professional
接続元 契約 Wireless Gate
機器 ASUS EeePC 1025C(Intel Centrino Wireless-N + WiMAX 615)
OS Windows7 Starter

ルータの設定

普通につなぎます。

http://192.168.0.1/

DHCPで割り振るプライベートIPアドレスをMACアドレスと対応付けて固定する

PCのワイヤレスネットワークデバイスのMACアドレスを調べて、適当なIPアドレスを手で割り当てます。MACアドレスを調べるために、コマンドプロンプトでお決まりのコマンドを投入します。

ipconfig /all

割り当てるべきIPアドレスは、詳細設定>LAN側設定から確認できます。今回は192.168.0.*なので、192.168.0.4を固定プライベートIPアドレスとしてPCに割り当てようと思います。

MACアドレスとIPアドレスの括り付けは詳細設定>DHCP固定割当設定から行えます。ちなみに、MACアドレスはコロン区切りでないとダメでした。コマンドプロンプト上ではハイフン区切りだったので、そのままハイフン区切りで入力してちょっとハマりました。

後は、WAN側からRDP(ポート番号:TCP3389)を呼び出された時に、どのホストに横流しするかを詳細設定>ポートマッピング設定>エントリ追加から設定します。今回はPCのプライベートIPアドレスが192.168.0.4なので、そう設定しました。

最後に、情報>現在の状態から、WAN状態でグローバルIPアドレスを調べて完了です。ルータの電源を入れるたびにグローバルIPアドレスは変わりますので、そこだけが難点ですかね。

WiMAXルータのポートマッピングを使ってインターネット経由でリモートデスクトップ(RDP)ができたようです」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: XREA/Value-Domain(eNom)+DiCEでDDNS(Dynamic DNS)の設定をする | jikkenjo.net

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。