foobar2000でインターネットから取得した歌詞を表示する

foobar2000でインターネットから取得した歌詞を表示してみたのでメモしておきます。

全体像

スマートに実現する方法はありません。下記のように様々なcomponents及び、外部プログラムを協調させます。また、全自動ではできませんでした。

foobar2000で歌詞を表示するための設定全体像

foobar2000で歌詞を表示するための設定全体像

処理の流れ

理解する必要はありませんが、おさえておいたほうが良いでしょう。

  1. RunServicesが再生中の曲名+歌手を引数にLyricMasterを呼出します。
  2. LyricsMasterが曲名+歌手をキーに複数の歌詞掲載サイトを検索して、HTMLをパース、歌詞を抽出、候補リストを出力します。
  3. 人間が候補リストから最も正しい歌詞を選択すると、LyricsMasterが歌詞を曲名+歌手をファイル名に設定してファイル出力します。
  4. LyricsPanel(要:ColumnsUI)が再生中の曲名+歌手を元に歌詞ファイルを特定して画面表示します。

必要資材

下記に必要な資材をまとめましたので適宜取得してください。

資材名 取得先
RunServices http://www.foobar2000.org/components/view/foo_run
CulumnsUI http://yuo.be/columns.php
LyricsPanel http://foo2k.chottu.net/
LyricsMaster http://www.kenichimaehashi.com/lyricsmaster/

手順

手順自体はfoobar + Lyrics Master – 別称 うしぶの通りやれば出来ました。

トラブルシューティング

詰まった箇所をメモしておきます。

  • LyricsPanelの上で右クリック→Reload Lyrics File
  • foobar2000上の曲名+歌手と、歌詞ファイル名と一致させる。(例えば、(カバー)(CV.〜)が付いているだけでもダメ。姓名の間に空白があってもダメ。)
  • 初期設定では文字化けするので、LyricsPanelの設定をUTF-8にする。
  • おまけ:AMIPで同じことをやろうとしましたが、iTunesでエンコードしたMP3に付属するID3タグはUnicodeになっていて、かつ、AMIPはUnicode非対応らしいので必ず文字化けを起こしてしまい諦めました。(参考:Winampやfoobar2000とLyrics Masterを連携させる方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。